ユーザー車検で注意しておくべきポイントはここ

ユーザー車検制度を利用する

ユーザー車検制度とは、自動車関係の業者ではなくとも、一般の個人でも自分の所有する自動車の車検を自分で受けられる制度です。整備を含めて、一般的には自動車販売店等、しっかりとした整備工場を併設している店舗に車検を依頼する方が多いかもしれません。ユーザー車検制度を利用する事で、最低限の費用で車検を通す事が出来ます。より安くとりあえず車検を通したいと希望されている方には、もってこいの制度ですのでお勧めできます。

ユーザー車検に必要なもの

ユーザー車検を利用するには、まず車検を受験するための申請をする必要があります。車検の受験の申請も実際に車検を受験するのも、最寄の陸運局でする事が可能です。申請用紙等は、もちろん陸運局で販売されています。次に自動車重量税と自賠責保険料の支払いが必要です。乗用車であれば車検期間が2年なので2年分の支払いが必要になります。車種により大幅に違いますのでこれは陸運局でしっかりと確認しましょう。最後に受験手数料が必要です。軽自動車、小型車、普通車によって料金が違いますのでこれもしっかりと事前に確認しましょう。

いざ車検を受験する!

車検の申請が終われば、いよいよ検査コースにおいて車検が受験できるようになります。車検の基本項目全てライン上で受験していきますので、初心者でも安心して受験出来ます。事前にチェックしておきたいのは、各種ライトの球きれが無いかどうか、ウォッシャー液がしっかりと出るかどうか位は確認しておきましょう。万が一合格できない項目があっても、その項目だけ再検査可能なので、その項目だけ最寄の整備工場で整備を施して再検査を受ければ車検に合格できます。

車検の料金の支払い方は、それぞれの業者の経営方針に左右されますが、一括払いや分割払いのメリットを調べてみましょう。